安定の不動産でセカンドライフにゆとりを

世界有数の長寿国である日本で定年後のセカンドライフをいかにゆとりのあるものにするかは、年々重要性が増しています。
多くのビジネスパーソンにとって定年を迎える60歳から65歳は、まだまだ元気に働ける時期です。
そのため、再就職をしたり、勤めていた会社で異なる立場で働くケースも多いですが、ほとんどの場合、年収が減ることになります。
そこで注目されているのが長期的に安定した収入が期待できる不動産運用です。
中でも不動産を取得して賃貸収入が得られるマンション経営は、その代表的なものとなっています。
不動産投資が多くの支持を得ているのは、金融機関でローンを組むことができ、少額の自己資金でスタートできるからです。
日々のローン返済を賃料収入でカバーできる割合も高く、完済すれば資産として定期収入を生み出してくれます。
ここで重要になってくるのが、なんといっても物件選びです。
人気エリアや沿線上にあるマンションももちろんですが、物件自体に魅力のあるものをチョイスすることが、より長期的に安定した収入を得られる可能性が高くなります。