前へ
次へ

肩こりだけを絶対に治す方法

生活や仕事に支障が出たとしても肩こりだけを治す方法はあります。それは、病院に行って薬を処方してもらう

more

肩こりを治す方法を選ぶこと

肩こりの治し方ですが、病院に行って治療するか、マッサージなどを行って治すか、漢方薬を服薬するか、色々

more

現代人は、肩こりになりやすい、時代の背景とは

現代人は、現代人特有として、様々な要因によって肩こりになりやすい状態を抱えています。従来の原因は、デ

more

肩こりは溜め込まれるという事実

肩こりは日常で無意識にしている自分の行動から起こっています。原因は、首と肩を支える肩甲骨周りの筋肉の極度の緊張ですが、こうした緊張が続くと筋肉内部の血管が圧迫され、十分な血液が流れなくなってしまいます。血液は酸素を運ぶ重要なものですので、流れにくくなるとたくさんの弊害が出ます。1日のうちで血行が改善する時間が不十分だと、その部分に溜まった疲労物質を流すことができなくなり、部位に痛みやこりを感じるようになるのです。例えば、睡眠中にこりを「10」解消できるとして、日中に溜まる疲労物質が10以下なら翌朝には残りませんが、これが30も40も溜まっているとすれば解消は困難です。日常生活の中でこりを溜め込むような動作や姿勢をやめて、その場で少しでも解消しながら生活をしないと、どんどんこりが溜まり、自分ではどうしようもない状態になるでしょう。一番よくないのが長時間同じ姿勢を続けることです。また、背中が曲がり、猫背であごを突き出しているような姿勢は最悪ですし、常に腕や肩に力が入り続けているのも避けるべき行動です。横から見たときに頭と首がまっすぐ肩のうえに乗っているようであればよいですが、頭や首が肩から前へ飛び出し、あごが突き出ている現代人が非常に増えました。これはパソコンでデスクワークをしている人に多いですが、自分がこんな状態になっていないか定期的に意識して直すようにしましょう。こりは借金と同じで、きちんと返済しないとあとあと大変なことになります。正しい姿勢で座ることも大切ですが、足を組むくせのある人は体幹がゆがみやすく、肩こりを招く場合があります。組まないとイライラしたりストレスを感じたりすることもあるので、どうしても組む場合は定期的に左右を組み替えるようにしてください。また、休憩時間に長時間スマートフォンの画面を凝視するのは一番よくない姿勢です。これもまた見ないわけにはいかない習慣ですが、自分をスマートフォンに合わせるのではなく、スマートフォンのほうを自分の正しい姿勢に合わせることが重要です。

身体の不調は一人で悩まないでください

女性に寄り添った美容鍼|札幌の整骨院
全ての女性を支えられる治療を行っています

世界的に認められている施術が受けられる接骨院
オリキュロセラピーやトルクリリースができる岡崎市唯一の接骨院として有名です。

Page Top