前へ
次へ

肩こりだけを絶対に治す方法

生活や仕事に支障が出たとしても肩こりだけを治す方法はあります。それは、病院に行って薬を処方してもらうことと、湿布を貼ることです。体内には毛細血管が広がっており、血液の詰まりによって痛みが発生することが多々あるようです。そのため、血圧を下げ、毛細血管に負担がかからないようにすることで痛みが和らぎます。湿布薬をてのひらや足の裏に貼ることで、毛細血管に負担がかからないようにすることもできます。薬を飲む場合は湿布に頼らずとも肩こりが治る可能性が高くなるため、肩こりを忘れてしまうことになるかもしれません。湿布ですと高額になりますが、病院に行くと安く治療を行うことができます。病院に行くことは応急措置だと言われていますが、仕事が続けられなくなるまで悩むより、病院に行き治療を行った方が早いようです。ただし、給与を気にせずとも新入社員などの若い人と仕事をしないといけない場合など、ビジネスでの支障をきたしてしまうことはあるようです。

Page Top