前へ
次へ

肩こりはなぜ男性より女性がなりやすいか

病気や体の不調においては男女でなりやすさに差が出るときがあります。その原因としては男性ホルモンと女性ホルモンが影響することもありますが、それ以外の理由で差が出るときもあるようです。体の不調としては比較的多くの人が感じるものとして肩こりがあります。男性と女性では女性の方がなりやすいとされていますがなぜ起こりやすいかです。男性は力仕事を良くしている、女性は事務的な仕事をしているなどが原因の一つになりそうです。それ以外に肩こりが女性に起きやすい原因として物理的な要因もあるようです。肩がこるのは肩周辺に一定の負担がかかるからですが、男性は女性に比べて筋肉が多いのでそれによって頭や腕の重さを支えることができます。しかし筋肉の小さい女性は支えにくくなり肩こりになりやすいと言われます。女性が解消したいと考えるのであれば肩周辺の筋肉を鍛えると良いかも知れません。筋肉もりもりにする必要はなく、簡単なウェイトトレーニングをすればそれなりに効果を得ることができるでしょう。

Page Top