前へ
次へ

現代人は、肩こりになりやすい、時代の背景とは

現代人は、現代人特有として、様々な要因によって肩こりになりやすい状態を抱えています。従来の原因は、デスクワークに携わる中で、長時間同じ姿勢を保つ姿が原因だと言われていました。ただし近年は、デスクワークに携わらない人でも、スマホの普及により、長時間、スマホを見続けることで、肩こりが起きやすい状況が現れているのです。特にスマホは、端末が小さく、見るために顔が前かがみになりやすい姿もあるでしょう。ストレスを抱える心情は、肩こりを引き起こす最大の天敵です。ストレス反応の中には、外敵から身を守るために、体を固くさせる生理反応を引き起こす場合もあります。古代であれば、外敵がいなくなれば、元の状態に戻っていたでしょう。現代社会は、そうそう簡単に、ストレスを与えている対象から逃げることはできません。この話から、経済と肩こりは、因果関係が存在し、ストレスを抱えやすい現代において、多くの方が肩への悪影響を抱えている可能性も考えられるでしょう。

Page Top